TOKYO2020選手村内覧会

東京オリンピックとパラリンピックの選手や関係者が宿泊し、生活拠点となる選手村が6月20日、報道陣に公開された。

東京 中央区晴海にある東京大会の選手村は、およそ44ヘクタールの敷地に「居住ゾーン」と「運営ゾーン」、それに「ビレッジプラザ」の3つのエリアが設けられ、最大1万8000人の選手や関係者が宿泊できます。
 

選手の生活を支える「ビレッジプラザ」には、銀行やカフェ、それに郵便局や雑貨店などが入り、建物には全国の自治体から提供されたおよそ4万本の木材が使われています。

選手村では、新型コロナウイルスの感染対策として、感染者などに対応する24時間対応の診察室や採取した検体を分析する「発熱外来」が設けられています。

選手村は、7月13日に開村しますが、感染対策のため式典を取りやめることも決まり、組織委員会は引き続き最終的な準備を進めています。


                                                    ©Tokyo 2020

会長村長挨拶 Photo by Tokyo 2020
Residential_Buildings_Courtyard Photo by Tokyo 2020
Main_Dining_Hall Photo by Tokyo 2020
ビレッジプラザ Photo by Tokyo 2020
ビレッジプラザ Photo by Tokyo 2020
ビレッジプラザ Photo by Tokyo 2020
ビレッジプラザ Photo by Tokyo 2020
ビレッジプラザ Photo by Tokyo 2020
ビレッジプラザ
Fitness Centre  Photo by Tokyo 2020
Main_Dining_Hall_Photo by Tokyo 2020
Internal_Shuttle_Bus_Photo by Tokyo 2020
Harumi_Port_Park Photo by Tokyo 2020
NOCNPC_Services_Centre Photo by Tokyo 2020
Recreation_Centre Photo by Tokyo 2020
1/2