■BREAK OUT 祭2017 TOKYO

■2017年7月2日(日)Zepp Tokyoではテレビ朝日系の音楽番組「BREAK OUT」が主催するライブイベント 「BREAK OUT 祭2017 TOKYO」が開催された。
オープニングアクトとして登場したのは、 今や、新たなイケメンジャンルとして、ブームになりつつある、「Candy Boy」の7人。 紹介VTRの後、代表曲「陽のあたる窓辺」が流れ出し、7人が登場。 登場するや否や、オーディエンスからは、黄色い声援が送られ、曲に合わせ、ペンライトの光が大きく揺れた。
オープニングは「BREAK OUT」の番組ナビゲーター・IMALUが登場。「BREAK OUT 祭2017 TOKYO」、最初に登場したのは、近年、数多あるダンスボーカルグループの中でも、 楽曲やダンスパフォーマンスのクオリティ高さが秀でていることで注目されている「FlowBack」。 続いては、動画投稿サイトから火がつき、今年9月27日には、メジャーデビューが決まっている、 MC担当「ハシシ」とパフォーマンス兼ボタンを押す係「nicecream」の2人からなるヒップホップユニット「電波少女」。 続いての「NEXT BREAK ARTIST」は、5人全員ボーカルリストの次世代ボーイズ・ボーカルグループ 「COLOR CREATION」。 今日このBREAK OUT祭が初ステージとなった彼ら。 登場するや否や、ウィズ・カリファの名曲「See You Again」をアカペラカバー。5人の歌唱力の高さを見せつけた。
続いて登場したのは、EXILE TRIBEの新生グループ「THE RAMPAGE from EXILE TRIBE」。 今年1月のデビューにもかかわらず、その人気と勢いは止まるところを知らず、 登場とともに、オーディエンスからは、会場が揺れるほどの歓声が上がった。 「NEXT BREAK ARTIST」として、EXILEのHIROも認めた、 中学生と高校生のポップダンスチーム「FORCE ELEMENTS」が登場。 ニューヨークアポロシアターで行われた大会のチャンピオンを始め、 個々でも数々の大会優勝経験のある彼らが、今日は、Zepp Tokyoのステージでパフォーマンス。 「BREAKOUT祭 2017」用に作られた特別トラックをバックに、世界基準のダンスを披露。 これまで、世界を魅了してきた彼らのダンスに、オーディエンスは息を飲んだ。 転換中には、「THE RAMPAGE from EXILE TRIBE」の「浦川翔平」改め、「DJ Sho-hey」が登場。 ミラーボールが輝く中、トラックを回し、彼のDJタイムがスタート。 徐々に、THE RAMPAGEのメンバーも登場し、盛り上がりを見せた。 「BREAK OUT祭2017 TOKYO」、トリを務めたのは、 今年行われた、武道館公演を大成功に収め、ますますキテいる5人組「Da-iCE」。 彼らが登場しただけで、会場が揺れるほどの歓声が飛び交った。 スタートは、今年6月にリリースし、iTunesで1位を獲得した「トニカクHEY」。 続けて、「WATCH OUT」 さらに、DREAMS COME TRUEの名曲「大阪LOVER」をダンスチューンにアレンジし、新たな形で披露し、今日一番の盛り上がりを見せた。

このイベントの模様は、毎週木曜日25:26からテレビ朝日系全国24局で絶賛放送中の「BREAK OUT」内で放送が決定。
『BREAK OUT』番組HP:http://break-out.jp/

〔出演アーティスト〕
Da-iCE/ THE RAMPAGE from EXILE TRIBE /FlowBack NEXT BREAK ARTIST:COLOR CREATION/電波少女/FORCE ELEMENTS  オーフ?ニンク?アクト :Candy Boy

■開催期間:2017年7月2日(日)

■会場:お台場・Zepp Tokyo