■東京マラソン2017「テロ対処訓練」実施

■2017年1月29日(日)国内最大級の市民マラソン「東京マラソン2017」が2017年2月26日(日)の開催に備え、警視庁や東京マラソン財団などにより、今大会から新たにゴール地点となるJR東京駅前の行幸通りで、テロ対策訓練を行った。東京駅前は、前回までゴール地点だった「東京ビッグサイト」より交通の便が良く、沿道に多くの観客が集まる見通しで、同庁はテロのリスクがより高まるとみている。  約300人が参加した訓練は、観客を装ったテロリストが爆弾入りの荷物を放置したと想定し、東京マラソン財団職員らが観客を避難誘導し、同庁の爆発物処理班が爆弾を安全な場所に運こび、発砲するテロリスト2人を銃器テロに対応する「緊急時対応部隊(ERT)」が狙撃して制圧した実践的な訓練を行った。

■会場: 東京駅前・行幸通り