■トム・クルーズ最新作『ジャック・リーチャー NEVER GO BACK』 六本木ヒルズにてジャパンプレミア

■2016年11月9日(水)六本木ヒルズアリーナで行われた「ジャック・リーチャー NEVER GO BACK」のジャパンプレミアが開催された。レッドカーペットには500人を超すファンが詰めかけ1人ひとりに声をかけながらサインや写真撮影。クルーズが到着してから約1時間後に登場したズウィック監督も、限られた時間内で積極的にファンとの交流を図った。
最新作は元米軍秘密捜査官で、現在は身ひとつで各地を転々とする流浪の一匹狼ジャック・リーチャー(クルーズ)が、スパイ嫌疑をかけられた元同僚ターナー少佐(コビー・スマルダース)の潔白を晴らそうと奔走するさまを描く。「アウトロー」でも見られた武骨なアクションはもとより、ドラマ面も大幅にパワーアップしている。

■会場: 六本木ヒルズアリーナ